BTSメンバーの英語力ランキング!英語が一番喋れるのは誰?

Dynamiteで英語の曲を披露するなど、海外の露出が増えていますよね。アメリカでの番組にも多数出演しているため、英語を話す機会が多くなりました。

ここでは、BTSは英語を話せるのは誰?についてランキング形式にまとめてみました。

ぜひ、読んでみてください。

第7位:パク・ジミン

ジミンはBTSの中では、英語があまり得意な方ではありません。ですが、頑張って勉強をしてます。

なんと8時間の移動時間の中、真っ暗な飛行機で勉強をしたのです。2019年6月7日のVライブでRMによって曝露されました。暴露されたとき、かなりジミンさんは恥ずかしがっていました。飾らない姿がジミンの魅力の一つですね。でも、忙しい時間を使って苦手な勉強を学ぼうとする姿勢は素晴らしいです。

地道な努力でジミンは、英語をきれいに発音することができるようになりました。また、アクセント、リズムや、ジャスチャーを使って話す事もできます。英語を読む勉強だけではなく、実用的に話す練習もしてるのですね。なんと英語を教えてくれる先生にも高く評価されています。

ジミンの英語の勉強方法は、ボスベイビーを字幕なしで理解できるように繰り返し聞くことです。はやり海外の映画・ドラマを見ることは効果的な方法ということが分かりました。

なぜジミンが英語を本気で勉強しようと思ったきっかけは、ナムの影響です。メンバーの英語の通訳を苦労している姿を見て勉強を始めました。メンバー思いですね。

第6位:ミン・ユンギ

ユンギは、表で英語を話す機会がありません。ですが、短い言葉でゆっくり話しています。時折メンバーの顔を見ながら頑張って話しています。ユンギは英語でリアクションすることが多いですね。

ユンギも頑張ってメンバーの成長のために、英語を勉強しています。

第5位:キム・テヒョン

テテは、勉強をしている英語を使って積極的にコミュニケーションをしています。持ち前の愛嬌を活かして海外のファンを魅了しています。

ただ、長い会話をできるわけではありません。短い言葉で伝えています。すらすらまではいかないですが、手の動作を使って短い表現でも必死に伝えようとしています。その姿は可愛らしいです。しかも、ユニークな英語を使っているので面白いです。

テテは元々英語が苦手でした。海外に本格的に進出する前は、かなり英語をしゃべる事ができませんでした。この動画でも最低限の会話しかできませんでした。途中で日本語が入って可愛いですね。

テテが英語を勉強した理由は、海外への仕事が増えたためです。しかも英語の授業をのオンラインも受けています。1日1時間を使って勉強をしているそうです。忙しいスケジュールであるのに、勉強をすることはすごい事です。本気で英語と向き合っているのですね。

第4位:チョン・ホソク

ホソクも前から英語が得意ではありませんでした。海外で話す機会が多くなり、ナムの姿を見て英語の勉強を始めました。よく海外へのインタビューではナムの横にいる事が多いですよね。近くにいていろんな単語を聞いて勉強をしているそうです。感情を込めて話す所もホソクの生まれ持ったものです。ナムの横で積極的に英語を使って話しています。

ホソクの勉強方法は、インタビューで会話が出来るように最低限の会話を覚えています。分からない所があった時は、翻訳機を使って確認しています。またナムにも聞いているそうです。

第3位:キム・ソクジン

ジンは、簡単な英会話なら通訳がついていなくても平気です。リアクションとかインタビューの答えは問題なくできています。

2017年5月27日のビルボードの時のインタビューです。僕はハンサムと言っていますね。言葉に詰まりながらも頑張って伝えています。

なぜ英語ができる理由は、学生時代にオーストラリアに短期留学をしていたからです。本人は、隠したい恥ずかしい過去だそうです(笑)小さい頃から英語を勉強していたから話せるのです。

第2位:チョン・ジョングク

ジョングクは大の英語が苦手な人物です。なんと学生時代に、英語のテストで2点を取りました。壊滅的な点数ですね。。

そんなグクですが、急に英語ができるようになりました。2020年の8月29日のMTVインタビューです。すらすら話せています。テンションも高く、腕の動きが大きいです。

理由は、隙間時間での継続的な勉強です。インタビューで言う言葉を、何回も声を出しながら覚えています。毎日の勉強の積み重ねで、成果が出ています。努力家なグクです。

やはり勉強をするきっかけは海外への番組出演・ナムの影響です。

第1位:キム・ナムジュン

BTSの中で英語を話せるのはナムです。彼のすごい所は、通訳なしで海外の人と話している事です。また、英語を話している時、自分の感情を身振りで大きく表現しています。また記者からの厳しい質問に対しても、笑顔でユーモアのある会話をできます。臨機応変に対応できるのは、地道な努力をしているからです。さらに、メンバーの通訳も担当しています。本当にすごいですよね。

なぜ彼は英語を話すことができるのでしょうか。その理由は、12歳頃の頃、4か月間ニュージーランドに留学をしたからです。留学をしたら突然英語を話す事はできませんので、地道な努力をしたのでしょう。

RMの英語の効果的な勉強方法は、海外の動画を見る事です。RMは、米国ドラマFRIENDSを見て学びました。最初に、英語音声で韓国の字幕で見る・次は、英語字幕でみる・最終的に字幕なしで見て理解するようになるまで、何回も聞いたそうです。これは、韓国語取得するにも効果的な方法ですね。

こちらは2018年にニューヨーク国際本部でのスピーチです。日本のニュースでも取り上げられているので知っている人は多いと思います。見て分かる通り堂々と話しています。

BTSメンバーで英語が一番喋れるのは誰?まとめ

BTSのメンバーの英語ランキングをまとめました。

結果1番話す事ができるのは、ナムでした。他のメンバーも必要最低限は会話をすることができます。過酷なスケジュールの隙間時間で勉強をしているのでしょう。これからのBTSの英語力が楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました