池田エライザの母親は元モデルで歌手?家族構成を調査

女優 女優

人気急上昇中の池田エライザ。

2009年、ファッション誌『二コラ(新潮社)』で芸能界デビューをしました。

2013年より5年間、ファッション誌『CanCam(小学館)』の専属モデルとして活躍したこともあり、若い女性を中心に注目を集めています。

女優としても活躍しており、携帯会社auの三太郎シリーズのCMで親指姫役を演じているので、一度は見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

モデルや女優として活躍している池田エライザですが、母親の職業や実家の家族構成はどういうものなのでしょうか。

調査してみましたので、さっそく見ていきたいと思います。

池田エライザの家族構成

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELAIZA IKEDA(@elaiza_ikd)がシェアした投稿


池田エライザは、両親と2人の兄と弟の6人家族です。

4人兄弟の唯一の女子という男社会で育った池田エライザは、実はゲーマーなのです。

64、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームキューブ、DS、Wii等、世間的に流行ったゲームを一度は体験していると公表しています。

池田エライザは、顔や名前を見て頂ければお分かり頂ける通り、ハーフです。

池田エライザの父親は日本人ですが、母親はスペイン系フィリピン人だと本人により明かされています。

池田エライザは母親の母国・フィリピンで生まれ、その後父親のふるさと・福岡県で育ちました。

「エライザ」という名前は、「エリザベス」という母親の名前から付けられました。

本名は池田依來沙(いけだ えらいざ)です。

池田エライザの家族の驚くべき点は、男性陣が全員高身長だということです。

以前、池田エライザが自身のツイッターに家族写真を投稿したのですが、男性陣は全員180cmを優に越えているというのです。

池田エライザの身長は、169cmと公表されています。

成人女性の平均身長が158cm前後ですから、池田エライザも高身長の部類に入ります。

しかし家族全員が並ぶと、池田エライザが小さく見えてしまうのです。

池田エライザ自身も、「家族でショッピングセンターなどに行くと威圧感がすごい」と投稿していたほどです。

高身長というだけでカッコいい要素がプラスされますが、実は池田エライザの2人いる兄のうち1人が、俳優・神尾楓珠にそっくりだというのです。

神尾楓珠は、2019年のドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-(日本テレビ)」、2020年のドラマ「鈍色の箱の中で(テレビ朝日)」に出演をしています。

神尾楓珠は、2015年より活動を開始したので俳優歴は浅いですが、演技力があると一定の評価を得ています。

なにより、顔がカッコいいと話題になっている俳優です。

身長が高くて顔もカッコいいとくれば、モテモテなこと間違いなしですね。

池田エライザの母親は元モデルで歌手?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELAIZA IKEDA(@elaiza_ikd)がシェアした投稿


池田エライザの母親は、スペイン系フィリピン人の元モデルで、現在は歌手として活動しています。

親が芸能界で働いていたともなれば、「コネ」「二世タレント」などと非難を浴びてしまうので、池田エライザは元々、親がどのような職に就いているのかは伏せていました。

しかし2013年9月25日に投稿した自身のツイッターで、母親が元モデルだということを公表しています。

そこには、「仕事に対してはストイックだけれど家庭を大事にする、尊敬できるお母さん」と記載されています。

2015年12月12日の池田エライザのツイッターには、「アラフィフ母の自撮りがカワイイ」という投稿があります。

同投稿は母親の画像付きなのですが、「とてもアラフィフには見えない」「美人すぎる」というコメントが殺到するほどだったのです。

池田エライザの母親は、母国・フィリピンで有名な歌手として知名度があるようです。

池田エライザは特技を、「歌を歌う事」としていますが、これは歌手である母親の影響があるとされています。

池田エライザの父親

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELAIZA IKEDA(@elaiza_ikd)がシェアした投稿


池田エライザの父親は一般人なので、残念ながら情報があまりありませんでした。

しかし父親は、池田エライザのツイッターにたびたび登場します。

たとえば2018年8月14日には、結婚記念日のお祝いということで、大阪にあるユニバーサルスタジオジャパンに家族で訪れたことを池田エライザが報告しています。

そのときの画像を投稿していたのですが、「お父さん若すぎる」「カッコいいお父さん」というコメントが殺到しました。

元モデルで歌手として成功を収めている妻をもらっているのですから、父親はイケメンに違いないと思います。

実は池田エライザの父親も、元モデルなのでは?という噂があります。

しかし立証できるものはありませんので、ただの噂という可能性もあります。

火のないところに煙は立たないと言いますが、この噂についてはどうなのでしょうか。

いつか池田エライザから明かされることを期待して待ちましょう。

池田エライザの生い立ちは貧乏で苦労人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELAIZA IKEDA(@elaiza_ikd)がシェアした投稿


池田エライザはハーフであることから、中学生時代にいじめにあっています。

中学校は、地元の福岡市立香椎第三中学校に通っていました。

雑巾や道路にとてもイヤなことを書かれた」と公表しているくらいですので、相当ダメージの多いいじめだったのでは?と推定されます。

中学3年生のときに、雑誌『二コラ(新潮社)』の第13回二コラモデルオーディションでグランプリを獲得し、芸能界デビューを果たしました。

高校進学と同時に上京という話もあったようですが、両親の意向で高校までは地元・福岡で過ごすこととなり、福岡市内の高校に進学しています。

しかしモデルの仕事が多忙になったことから、高校3年生の4月に上京します。

その当時、2015年に公開された映画「映画みんな!エスパーだよ!」の撮影を愛知県豊橋市でしていたのですが、そのころが人生で最も貧乏だった時期だと明かしています。

その話によると、「東京から豊橋までの新幹線のおつりでカレーうどんを食べたかったけれど、お金が足りなかった」というのです。

さらに、「現場で出るお弁当は持ち帰っていた」「共演者に頻繁に焼き肉をご馳走になって、エネルギー補強していた」とも話しています。

現在は仕事が順調に来るようになった池田エライザ。

売れてから購入したものの中で最も高価だったものは、ボブ・ディランも使用していた「SJ-200」というギターです。

約100万円を出して奮発した買い物だったといい、一生付き合っていきたい相棒だとも話しています。

いじめや売れない時代を味わったからこそ、人間関係やお金を大事にできるのでしょう。

過去はとても壮絶ですが、これからも初心を忘れずに頑張ってほしいですね。

池田エライザは読書家?愛読書は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ELAIZA IKEDA(@elaiza_ikd)がシェアした投稿


池田エライザは、読書家としても有名です。

モデルという仕事は実は移動時間が長く、年間で200冊は本を読んでいるというのです。

好きな作家は、赤川次郎、湊かなえ、芥川龍之介、アガサ・クリスティーなどです。

特に赤川次郎の作品に関しては、自宅に250冊以上もの作品があるのだとか。

愛読書も、すべてをここに記載するのは難しいほど多いです。

例えばアガサ・クリスティー『オリエント急行殺人事件』、湊かなえ『少女』『告白』、芥川龍之介『羅生門』です。

その他にも、宮木あや子『春狂い』、水木しげる『ほんまにオレはアホやろか』などが挙げられています。

活字の本だけではなく、漫画や雑誌も好んで読んでおり、漫画版『君たちはどう生きるか』、雑誌『月刊ムー』も好んで読んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました