ミュージカル女優ランキングTop15

歌を歌う 女優

ミュージカルを一度も通しで見たことがないという方でも、音楽番組でミュージカル俳優が歌うミュージカル曲であれば、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ミュージカルはポップスなどの楽曲と違い、喜怒哀楽を曲に入れ込む必要性があり、とても難しいものだとされています。

「レ・ミゼラブル」や「ミス・サイゴン」など、話題となっているミュージカル作品は数多くあります。

では、ミュージカル女優として活躍している方には、どのような方がいるのでしょうか。

有名となっているミュージカル女優を、若手からベテランまで合計15人厳選してみました。

それぞれ、どのようなミュージカル作品に出演しているのか、どのような役柄で演技力はどういったものなのかという点をお伝えしていけたらと思います。

ではさっそく、人気のミュージカル女優を15人見ていきましょう。

新妻聖子

  • 出身地:愛知県稲沢市
  • 誕生日:1980年10月8日
  • 身長:156cm

普段ミュージカルを見ないという方でも、新妻聖子なら知っているという方は意外と多いのではないでしょうか。

彼女はミュージカル女優としてはもちろん、歌番組やバラエティー番組にもたびたび出演しており、モノマネ等を披露してしまうお茶目な一面も持ち合わせています。

新妻聖子は、ミュージカルの代表作とも言える「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役を演じたことで、有名になりました。

新妻聖子がミュージカル女優として人気なのは、5オクターブという広い声域を持っていることです。

実際の舞台ではなくテレビでも良いですが、新妻聖子の歌声に魅了された方は多いのではないでしょうか。

新妻聖子の代表作は「ミス・サイゴン」のキム役です。

ミス・サイゴン」も「レ・ミゼラブル」同様、何代にも渡ってミュージカルとして披露されている、代表的なミュージカル作品です。

キム役は、本田美奈子や松たか子が過去に演じていました。

「キム役を見事に演じ切ることが出来れば、ミュージカル界の頂点に立ったといっても過言ではない」とまでいわれているものです。

キム役を見事に演じ切った新妻聖子は、まさにミュージカル界の女王とも言えるでしょう。

知念里奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

RINA CHINEN(@rinachan29)がシェアした投稿

  • 本名:井上里奈
  • 出身地:沖縄県那覇市
  • 誕生日:1981年2月9日
  • 身長:162cm

2018年、同じくミュージカル俳優として活躍をしている井上芳雄と再婚をした知念里奈。

知念里奈の出世作は「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役です。

知念里奈演じるエポニーヌが歌う「夢やぶれて」は「歌唱力が凄まじい」と称賛のコメントが相次いだほどなのです。

細身の体から発する美声は、いつの時代も人々を魅了してやみません。

知念里奈は、安室奈美恵やMAX、SPEEDなどを排出した「沖縄アクターズスクール」出身です。

現在はミュージカ女優として活躍をしていますが、元々は歌手として芸能界デビューを果たしています。

1997年には、「第39回日本レコード大賞・最優秀新人賞」を受賞した経歴もあります。

2017年には、歌手時代の代表曲や、ミュージカルで歌った曲などを盛り込んだベストアルバムもリリースしています。

2018年6月に赤ちゃんを出産したばかりなので、今現在あまり表舞台には立っていません。

子育てが少し落ち着いたころ、再び美しい美声を聞かせてくれることを願いましょう。

昆夏美

 

この投稿をInstagramで見る

 

昆夏美(@konnatsumi)がシェアした投稿

  • 本名:昆夏美
  • 出身地:東京都
  • 誕生日:1991年6月28日
  • 身長:155cm

洗足学園音楽大学音楽学部ミュージカルコースに在学中、「ロミオ&ジュリエット」のジュリエット役として芸能界デビューを果たしました。

その後も、「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」など、ミュージカルの有名どころの作品に数々出演を果たしています。

昆夏美は、2020年現在28歳ですが、「ミュージカル界の新世代歌姫」としての呼び名も高いです。

昆夏美は、ミュージカル界の大先輩たちと、たびたびテレビの音楽番組に出演をし、ミュージカル曲を披露する機会があります。

大先輩たちを前にも物怖じせず、堂々と曲を歌い切るその姿は、まさに「ミュージカル界の新世代歌姫」そのものと言えるでしょう。

28歳にして貫禄のある昆夏美ですが「レ・ミゼラブル」のオーディションを受けた際、「木の役でも良いから出演したかった」のだそう。

結果として同作品では、エポニーヌという大役を任されることになったわけですが、この役が高評価を得たことで昆夏美は有名になったといっても過言ではありません。

咲妃みゆ

 

この投稿をInstagramで見る

 

咲妃みゆ(@miyusakihi)がシェアした投稿

  • 本名:長友悠美
  • 出身地:宮城県児湯郡
  • 誕生日:1991年3月16日
  • 身長:160cm

元宝塚で、雪組トップ娘役でもあった咲妃みゆ。

宝塚を退団後の現在は、ミュージカルを主軸に活動をしています。

2018年には、「咲妃みゆオーケストラコンサート“First Bloom”」を成功させ、単独コンサートを見事成し遂げたのです。

2019年10月に公演された「ららら♪クラシックコンサートvol.6」では、華麗な歌声を披露し、観客を沸かせました。

咲妃みゆは、幼少期にクラシックバレエとピアノを習っていたので、体の芯がしっかりしているという噂もあります。

元々、洋楽を聴くのが好きで、幼少期にはカーペンターズの歌を口ずさんでいる子供だったのだとか。

特に英会話教室に通っていたなどというエピソードはないのですが、幼少期のカーペンターズのおかげで、今では英語がペラペラです。

「咲妃みゆの英語の発音が非常に美しい」と噂にもなっている程なのです。

2020年5月には、「ニュージーズ」という舞台でキャサリン役を演じることが決定していますし、映画にも出演が決定しています。

ミュージカルだけではなく、マルチに活躍する咲妃みゆに今後も目が離せません。

唯月ふうか

  • 本名:川上桃子
  • 出身地:北海道札幌市
  • 誕生日:1996年9月8日
  • 身長:154cm

2012年、ミュージカル「赤毛のアン」のオーディションに合格をしてミュージカル女優デビューを果たしました。

同年8月に行われた「37thホリプロタレントスカウトキャラバン2012」では審査員特別賞を受賞し、彼女の歌唱力は数多くの人に認められることとなったのです。

2013年1月には、ミュージカル「ピーターパン」で9代目の主役・ピーターパンに選出されました。

その後も、2017年に「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役、2018年に「舞妓はレディ」で主演・西郷春子を演じたことでも話題となりました。

唯月ふうかはミュージカルだけではなく、アニメ「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネジメントを読んだら(NHK総合)」の主題歌を担当した経験もあるのです。

この時、「主題歌を歌っている女性は誰だ?」、「歌がうますぎ」と話題になりました。

歌唱力が抜群なので、話題のミュージカル作品の主要キャラでたびたび出演できるのだと思われます。

まだまだ若いので、これからの活躍に期待したいですね。

平原綾香

 

この投稿をInstagramで見る

 

A-ya(Ayaka Hirahara)(@ayaka_hirahara_official)がシェアした投稿

  • 本名:平原綾香
  • 出身地:東京都
  • 誕生日:1984年5月9日

歌手としても活躍している平原綾香。

彼女の代表曲兼デビュー曲でもある、2003年にリリースされた「Jupiter」は、2020年現在も数多くの人に親しまれている楽曲です。

同楽曲では、2オクターブの声域を見事に使い分けて歌った平原綾香。

その圧倒的な歌唱力に、世間が度肝を抜かれたことも記憶に新しいのではないでしょうか。

平原綾香はその歌唱力から、ミュージカル女優としても活動を始めます。

2018年には「メリー・ポピンズ」で主演を務め上げ、2019年には「ラブ・ネバー・ダイ」でクリスティーヌ役を演じました。

2020年11月には、ミュージカル「ビューティフル」の公演が決定しています。

同作品は、ブロードウェイでの上演回数が29番目のロングラン作品としても知られているものです。

ミュージカルの代表作品と言っても過言ではない作品に出演をするのですから、ミュージカル女優としての地位が確立してきたという証拠でもありますね。

岩田華怜

 

この投稿をInstagramで見る

 

岩田華怜(@karen0513_)がシェアした投稿

  • 本名:岩田華怜
  • 出身地:宮城県
  • 誕生日:1998年5月13日
  • 身長:158cm

AKB48のメンバーだった岩田華怜。

AKB48在籍時より、ミュージカル女優として活躍していました。

2016年にAKB48を卒業した直後には、ミュージカル「マリアと緑のプリンセス」で主役・マリア役を熱演したことでも知られています。

2018年には「サイト」、「タイム・フライズ」というミュージカル2作品に出演をしました。

2019年にはミュージカル「Signs!~微力だけど無力じゃない~」の主演を務めました。

同作品は、原爆を落とされた長崎県を中心として、核兵器廃絶を求める活動をしている「高校生平和大使」の活動を描いた作品です。

実は岩田華怜の家族は東日本大震災で被災しており、境遇は違えど同じ「被災者」として、同作品の主演を重く受け止めているのだとか。

岩田華怜は、「若い人にこそ、このミュージカルを見てほしい」と、ミュージカル公開初日の取材会でコメントを発表していました。

AKB48時代は、お世辞にも名前が売れていたわけではありません。

しかし今は、「アイドル感の出せるミュージカル女優」として、唯一無二の存在と言っても過言ではありません。

生田絵梨花

 

この投稿をInstagramで見る

 

生田絵梨花 ⊿ 乃木坂46(@_ikuta.erika)がシェアした投稿

  • 本名:生田絵梨花
  • 出身地:東京都
  • 誕生日:1997年1月22日
  • 身長:160cm

乃木坂48のメンバーでもある生田絵梨花。

生田絵梨花は音楽番組のミュージカル特集にたびたび出演をし、アイドルとは思えないその歌唱力で、視聴者を魅了しています。

ロミオ&ジュリエット」ではジュリエット役を務め、「レ・ミゼラブル」ではコゼット役を務めるなど、ミュージカル女優としての地位を確立しつつあります。

乃木坂48はアイドルグループです。

アイドルグループの最前線で活躍をしている生田絵梨花が、ミュージカル女優として活躍していることに疑問を抱く方も多いでしょう。

生田絵梨花がミュージカル女優を目指すきっかけとなったのは、幼少期に見ていた「アニー」です。

同世代の子供が、舞台の上で頑張っている姿に感化され、自身もミュージカル女優になりたいという夢を持ったのです。

その夢が、「ロミオ&ジュリエット」で叶うこととなるのです。

生田絵梨花は、ピアノの腕前がプロ級ということでも知られています。

時にはピアノ演奏者として、時にはアイドルグループ・乃木坂48のメンバーとして、時にはミュージカル女優として活躍する生田絵梨花を応援していきましょう。

木下晴香

  • 本名:木下晴香
  • 出身地:佐賀県
  • 誕生日:1999年2月5日
  • 身長:167cm

小学校3年生~中学2年生のころまで、地元・佐賀県にあるミュージカル劇団「キッズミュージカル鳥栖」に所属していました。

2015年には「赤毛のアン」で、ミュージカルの初舞台に立ったのです。

同年、「全日本歌唱力選手権・歌唱王(日本テレビ)」に出演し、決勝にまで進出することとなりました。

同番組を見たことがある方はお分かり頂けるかと思いますが、出場者は全員、素晴らしい歌唱力で対決に挑みます。

敗れはしましたが、その決勝戦に行けただけでも相当な歌唱力だと言えるでしょう。

2017年には「ロミオ&ジュリエット」で、生田絵梨花とダブルキャストでジュリエット役にも大抜擢されました。

木下晴香は、同作品の演出家・小池修一郎に、「これだけの音域をカバーできる人はそういない」と言わせたのです。

数多くのミュージカル女優を間近で見てきたであろう小池修一郎にこう言わせてしまうのですから、木下晴香の実力は相当なものだと言えるでしょう。

木下晴香は、ミュージカル女優としての歌唱力はもちろん、美貌も兼ね揃えていると話題になっています。

多くのファンからは、吉木りさや元Dream・Amiに似ているという噂もあるのだとか。

木下晴香の今後が、楽しみですね。

濱田めぐみ

 

この投稿をInstagramで見る

 

山崎 育三郎 Ikusaburo Yamazaki(@ikusaburo_yamazaki_official)がシェアした投稿

  • 本名:濱田めぐみ
  • 出身地:福岡県北九州市
  • 誕生日:1972年8月2日
  • 身長:165.5cm

1995年~2010年にかけて、劇団四季のメンバーだった濱田めぐみ。

劇団四季在団中は、「美女と野獣」のヒロイン・ベル役、「ライオンキング」のヒロイン・ナラ役など、ミュージカルの話題作のヒロインをを務めました。

2003年より公開されているミュージカル「アイーダ」に関しては、2011年までの8年間でアイーダ役を1,000以上は演じている実力の持ち主。

このように、劇団四季在団中は、ミュージカルの代表作のヒロイン役を数多く演じてきました。

劇団四季を退団後は、主にミュージカル女優として活躍をしています。

アリス・イン・ワンダーランド」の日本初演ではマッドハッター役を、「ジキルとはハイド」ではルーシー役など、退団後も主要キャラを演じていることで話題となっています。

2019年には、「レ・ミゼラブル」でファンテーヌ役を見事務め上げました。

濱田めぐみがミュージカル女優として高い評価を得ていることは、雑誌『ミュージカル(ミュージカル出版社)』で証明されています。

同雑誌にて、2012年と2016年と2018年の計3回も、「ミュージカル・ベストテン(女優部門)」で第1位に選ばれているからです。

今後の活躍にも大注目ですね。

高畑充希

 

この投稿をInstagramで見る

 

高畑充希(@mitsuki_takahata)がシェアした投稿

  • 本名:高畑充希
  • 出身地:大阪府東大阪市
  • 誕生日:1991年12月14日
  • 身長:158cm

女優としても活躍をしている高畑充希。

実は歌唱力が抜群で、CMデビューはもちろん、数々のミュージカル作品にも出演をしているミュージカル女優でもあるのです。

高畑充希は、幼い頃からミュージカル女優に憧れを抱いていました。

芸能界デビューのきっかけは、2005年にオーディションが開催されていた「山口百恵トリビュートミュージカルプレイバックpart2」で主演の座を獲得したからです。

高畑充希と言えば、ミュージカル「ピーターパン」と連想する方も多いのではないでしょうか。

彼女は、8代目ピーターパン役を6年間も務め、後に女優として成功を収めることから、「ピーターパンといえば高畑充希」と言われる程。

2010年には、出演していたミュージカル「スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師~」を見た脚本家・森下佳子が、高畑充希の歌声に惚れ込んだエピソードもあります。

高畑充希にもっと歌ってほしいという一心で、歌唱シーンが追加になったほど。

女優としても大活躍をしている高畑充希ですが、ミュージカル女優としても安定感抜群で、観客を沸かせています。

上白石萌音

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌音(@mone_kamishiraishi)がシェアした投稿

  • 本名:上白石萌音
  • 出身地:鹿児島県鹿児島市
  • 誕生日:1998年1月27日
  • 身長:152cm

女優としても活躍をしている上白石萌音。

同じく芸能界で活躍している上白石萌歌は、妹です。

小学校1年生のころより、地元・鹿児島にある「マリアミュージカルアカデミー」でミュージカルの勉強をしていました。

2011年、同スクールの先生に勧められて参加した「第7回東宝シンデレラオーディション」で特別審査賞を受賞したことがきっかけとなり、芸能界入りを果たしました。

2014年には、「舞妓はレディ」で主演を務めました。

出来栄えが良く、同作品の監督である周防正行から「平成のオードリーヘップバーンだ」と称されました。

舞妓はレディ」の小春名義で、主題歌「舞妓はレディ」をリリースもしています。

2015年には「赤毛のアン」で主役を務め、2020年には「リトル・ゾンビ・ガール(仮題)」に出演もする予定です。

リトル・ゾンビ・ガール(仮題)」は、NHK「みんなのうた」の歴代の名曲を散りばめたミュージカル作品です。

大人も子供も楽しめる作品になる予定とのこと。

上白石萌歌

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌歌(@moka____k)がシェアした投稿

  • 本名:上白石萌歌
  • 出身地:鹿児島県鹿児島市
  • 誕生日:2000年2月28日
  • 身長:163cm

先ほどご紹介した上白石萌音の妹で、女優としても活躍している上白石萌歌。

2012年に「王様と私」で、ミュージカル初出演を果たしました。

2016年には「赤毛のアン」でミュージカル初主演を務め上げ、2017年にはジブリの名作「魔女の宅急便」でキキ役を演じました。

魔女の宅急便」のキキ役は観客に高い評価を得ており、「上白石萌歌といえばキキ!」というイメージを持つ方も増えたのだとか。

キキ役が代表的なものになった理由は、上白石萌歌の歌唱力の高さにあります。

上白石萌歌の歌には、透明感がありながらも凛とした表情を見せてくれる歌声だと絶賛の嵐なのです。

上白石萌歌はCMでもたびたび歌声を披露しており、「歌が上手い」と評価を得ています。

姉妹揃って歌が上手いという事になりますが、それは彼女らの母親が元音楽教師でピアノの先生だったことが理由です。

幼少期から音楽に携わっていたので、自然と音楽が身に付いたという証なのでしょう。

舞妓はレディ」でも、オーディションの末に主演の座を得ているので、抜群の実力を持っているということは間違いではないでしょう。

神田沙也加

 

この投稿をInstagramで見る

 

sayakakanda(@sayakakanda)がシェアした投稿


本名:神田沙也加
出身地:東京都
誕生日:1986年10月1日
身長:157cm

言わずと知れた、神田正輝と松田聖子の娘である神田沙也加。

映画「アナと雪の女王」シリーズで、アナ役の声優を務めたことでも知られています。

母親・松田聖子の血を引いたのか歌唱力は抜群で、その伸びやかな歌声は、小さな子供をもうっとりさせてしまう程。

2009年~2011年にかけて「レ・ミゼラブル」でコゼット役を、2009年~2017年にかけて「ピーターパン」でヒロイン・ウェンディ役を務めました。

神田沙也加は、ミュージカル女優として活躍する傍ら、「アナと雪の女王」でも知られている通り、ポップスシンガーでもあります。

以前、「ミュージカルの時は声楽を、ポップスの時はボイストレーニングを心がけています」とコメントをしたことがあります。

松田聖子の子供というだけで、色眼鏡で見られがちですが、彼女の実力は努力の賜物。

「神田沙也加の歌声は圧巻!」という一般人のコメントも多く、これからもミュージカルや声優業で美しい歌声を披露してくれることでしょう。

一路真輝

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukoasano_official(@yukoasano_official)がシェアした投稿

  • 本名:石川いづみ
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 誕生日:1965年1月9日
  • 身長:164cm

元宝塚歌劇団の雪組トップでもあった一路真輝。

宝塚歌劇団を退団後は、ミュージカル女優として数々の話題作に出演。

1996年に「王様と私」のアンナ役で、ミュージカル初出演。

2000年~2006年までは「エリザベート」で、主演エリザベート役を演じて話題に。

キス・ミー・ケイト」や「イーストウイックの魔女たち」ではコメディエンヌぶりを披露し、一路真輝の演技力の高さが高評価を得ています。

元宝塚というだけあって、歌唱力が抜群の一路真輝。

ミュージカルとは別に、コンサートも定期的に開催しています。

コンサートでは、宝塚時代の楽曲や、ミュージカルで披露した楽曲も披露する機会がありますので、ファンにとってはたまらないステージだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました